音楽

歌詞が物語になっているBUMP OF CHICKENの名曲6選【感動】

歌詞が物語になっているBUMP OF CHICKENの名曲6選【感動】
BUMP OF CHCIKENの名曲が知りたいな。


今日はこういった疑問にお答えしていきます。



BUMP OF CHCIKENはこれまでに数々の名曲をリリースしています。



「天体観測」や「カルマ」、「ray」など思いついただけでもたくさん出てきますが、実はBUMP OF CHCIKENはこういった名曲の中に、歌詞が物語になっている曲がいくつかあります。



本記事では、歌詞が物語になっているBUMP OF CHCIKENの名曲を厳選して6曲紹介します



ぜひ、本記事を読んでBUMP OF CHICKENの世界観を楽しんでもらえたら嬉しいです。

歌詞が物語になっているBUMP OF CHICKENの名曲6選

歌詞が物語になっているBUMP OF CHICKENの名曲6選

ガラスのブルース

1999年に発売されたBUMP OF CHICKEのインディーズ1枚目のアルバム「FLAME VEIN」に収録されている曲です。



ガラスの目をした猫の一生をテーマにした曲で、生まれてきた意味などを考えさせられる歌詞が印象的な1曲です。



ボーカルの藤原さんが初めて日本語で書いた曲で、BUMP OF CHICKENのライブでもよく歌われています。



個人的には、ライブでガラスのブルースのワンフレーズをみんなで合唱するときのあの一体感が大好きです。

生まれてきたことに意味があるのさ
1秒も無駄にしちゃいけないよ
※歌詞抜粋

ガラスのブルースの大好きなフレーズで、自分を追い込むときにいつも聴いています。

ダンデライオン

2002年に発売されたBUMP OF CHICKEのメジャー1枚目のアルバム「jupiter」に収録されている曲です。



約3分と短い曲ですが、疾走感のあるメロディーと陽気な雰囲気が印象的な1曲になっています。



孤独なライオンと一輪のタンポポの物語で、陽気な雰囲気な曲にも関わらず出会いと別れを想像させる歌詞に注目です



歌詞を見ながら曲を聴いていると、クライマックスでほろりと涙がこぼれそうになります(´;ω;`)

ハンマーソングと痛みの塔

2007年に発売されたBUMP OF CHICKENのメジャー3枚目のアルバム「orbital period」に収録されている曲です。



とてもテンポのいい曲で、1度聴いたら思わず口ずさんでしまうようなメロディが印象的な1曲になっています。



日々心の痛みに耐える主人公が、痛みを箱に例えてその痛みを積み上げていくといった物語になっています。



自分の痛みを誰かに気づいてほしくて、痛みを積み上げ続けた結果、最後には誰の声も届かない高さになっていた



ハンマーソングと痛みの塔はどちらかというと感動できる曲ではなく、まるで絵本の童話ような1曲になっています。

K

2000年に発売されたBUMP OF CHICKENのインディーズ2枚目のアルバム「THE LIVING DEAD」に収録されています。



黒猫とある絵描きの物語を歌にしている曲で、BUMP OF CHICKENファンの間でもとても評判が高い1曲です。



KはBUMP OF CHICKENの歌詞が物語になっている曲の中でも、一番感動できる歌詞が特徴です



黒猫と絵描きが出会い、初めは心を閉ざしていた黒猫が徐々に絵描きに対して心を開いていく物語になっています。



特にKのクライマックスは涙なしでは聴くことができません(´;ω;`)

かさぶたぶたぶ

2007年に発売されたBUMP OF CHICKENのメジャー3枚目のアルバム「orbital period」に収録されている曲です。



膝を擦りむいた少年とその傷口のかさぶたの物語で、すごく優しい雰囲気が印象的な1曲になっています。



ただのかさぶたと侮ることなかれで、BUMP OF CHICKENの歌詞が物語になっている曲の中でもとても感動できる曲です。



大袈裟ですが、この曲を聴いていると本当にかさぶたに出会いたくなるような気持ちになってきます(笑)



かさぶたぶたぶを聴いているとボーカルの藤原さんの優しさが伝わってきます。

ラフ・メイカー

2000年に発売されたBUMP OF CHICKENのメジャーデビューシングル「ダイヤモンド」のカップリング曲です。



ラフ・メイカーと呼ばれる人物と落ち込んで部屋に閉じこもっている主人公の物語で、とにかく歌詞が印象的な1曲になっています。



主人公を笑顔にしたいラフ・メイカーとそれを拒否する主人公の駆け引きを歌にしていて、最後にえー!となるオチには注目です(笑)



ちなみに2008年に発売されたBUMP OF CHICKENのカップリング集アルバム「present from you」にもラフ・メイカーが収録されています。

まとめ

まとめ:音楽ストリーミングサービスで配信中

今日は歌詞が物語になっているBUMP OF CHICKENの名曲を6曲紹介しました。

歌詞が物語になっている名曲6選

  1. ガラスのブルース
  2. ダンデライオン
  3. ハンマーソングと痛みの塔
  4. K
  5. かさぶたぶたぶ
  6. ラフ・メイカー

BUMP OF CHCIKENの名曲は他にもまだまだあります。



今日紹介した曲はすべて音楽ストリーミングサービスで配信されているので、気になった方は音楽ストリーミングサービスを利用してみてはいかがでしょう?


音楽ストリーミングサービス初心者の方はAmazon Muiscがおすすめです。
理由は下記の通りです。
・30日間無料
・6,500万曲が聴き放題
・Amazon Prime会員は月額料金が200円引き


  • この記事を書いた人

ゆーたろ

音楽・映画・運動が大好きな30歳です。 Webマーケティングの会社で働きながらマイペースにブログを更新しています。

-音楽

Copyright© Yu-Taro Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.