音楽ストリーミングサービス

Rec Musicの料金や登録方法、メリット・デメリットを解説!

Rec Musicの料金や登録方法、メリット・デメリットを徹底解説!
音楽ストリーミングサービスのRec Musicってどうなんだろう。
できれば、メリットやデメリットも知りたい。


今日はこういった疑問にお答えしていきます。


最近では音楽ストリーミングサービスも増えてきました。



そこで、今日は数ある音楽ストリーミングサービスの中のひとつRecMusicについて解説していきます。


メリットだけではなくデメリットもしっかり解説していきますので、本記事を音楽ストリーミングサービス選びの参考してもらえると嬉しいです^^


1ヶ月以内の解約で料金は一切かかりません


RecMusicとは

RecMusicは音楽配信サイトのレコチョクが運営する定額制の音楽ストリーミングサービスです。


RecMusicで音楽を聴くためには無料プランか有料プランに登録する必要があります。



対応デバイスはパソコンとスマホで、登録が終わればすぐにRecMusicで配信されている音楽を聴くことができます。

RecMusicの月額料金

続いて、RecMusicの月額料金を解説していきます。


RecMusicは無料プランであればもちろん料金は無料、有料プランは月額980円となっています。


音楽ストリーミングサービス月額料金
Amazon Music UNLIMITED
980円
LINE MUSIC
980円
Spotify
980円
Apple Music
980円
Rec Music
980円
kkbox
980円
AWA
980円
Google Play Music
980円

月額料金はその他の音楽ストリーミングサービスと比較しても同じ料金で設定されています。

RecMusicで選べる音質

RecMusicはパソコンとスマホに対応していますが、それぞれ楽曲のビットレートを好みで変更することができます。


ちなみに変更できるビットレートは128kbpsと320kbpsです。


REcMusic_音質変更の画像


音質は設定でいつでも変更できます。


ビットレートとは言われても、そもそもビットレートの違いがわからないという方もいると思います。



簡単にビットレートの違いを説明するとCDに近い音質が128kbpsで、MP3の最高ビットレートが320kbpsと言われています。


音質にこだわりのある方は320kbps、特に音質にこだわりのない方は128kbpsでの再生がおすすめです。



スマホで320kbpsで再生する場合、Wi-Fiの接続が必要で、Wi-Fiに接続していない場合は128kbpsの再生になってしまいます。

128kbpsと320kbpsで音質を聴き比べて、好みの音質を選びましょう♫
ちなみに僕は320kbpsで音楽を楽しんでいます。

RecMusicとレコチョクの違い

RecMusicとレコチョクの大きな違いは定額制です。


RecMusicは定額制の音楽ストリーミングサービスなのに対して、レコチョクは定額制ではなく1曲から購入することができます。

RecMusicとレコチョクの違い
  • RecMusic
  • 月額980円で音楽が聴き放題 ※ただし、ハイレゾ楽曲はなし

  • レコチョク
  • 1曲から購入可能 ※ハイレゾ楽曲も購入可

ちなみにレコチョクで1曲購入すると、通常楽曲がおよそ261円、ハイレゾ楽曲が440円~550円ほどとなっています。


レコチョク_ハイレゾ楽曲_1の画像


レコチョク_ハイレゾ楽曲_2の画像


ハイレゾ楽曲は曲によって料金が違います。


個人的にはレコチョクで購入できる曲はRecMusicでも聴けることが多いので、RecMusicに登録したほうがお得な印象があります。


どうしても1曲だけ聴きたいなどの理由であればレコチョクで曲を購入したほうが料金を安く抑えることができます。

RecMusicのデメリット

続いて、RecMusicのデメリットを3つ紹介していきます。

RecMusicのデメリット

  1. RecMusicで聴ける音楽の曲数が不明
  2. 無料プランは音楽のフル再生ができない
  3. パソコンで音楽を再生する場合、ブラウザ再生のみ

それぞれ解説していきます。

RecMusicで聴ける音楽の曲数が不明

RecMusicで聴くことができる楽曲数は公式サイトに明記されていません。


気になって曲数を調べてみましたが、おそらく650万曲以上は聴けるのではないかと言われています。



そのため、下記の表を参考にしてもらうとわかりますが他の音楽ストリーミングサービスと比較してもRecMusicは楽曲数が少ないです。


音楽ストリーミングサービス楽曲数
Amazon Music UNLIMITED
6,500万曲
LINE MUSIC
6,000万曲
Apple Music
6,000万曲
AWA
6,000万曲
Spotify
5,000万曲以上
kkbox
5,000万曲以上
Google Play Music
4,000万曲
Rec Music
650万曲以上

表にすると楽曲数の違いがよくわかる。


ただ、RecMusicの公式サイトには『J-POP 日本最大級の音楽ストリーミングサービス』と記載されています。


事実、邦楽であれば最新曲を含めてもほぼRecMusicで聴くことができます。



なので、邦楽好きな方は他の音楽ストリーミングサービスと比較をしても楽曲数は特に気にならないのではないかと思います。

無料プランは音楽のフル再生ができない

無料なので仕方がないとは思いますが、RecMusicの無料プランは29秒しか再生することができません。


どうして30秒じゃなくて29秒なの?

え、わからない...


なので、楽曲をフルで再生するためには有料プランへの登録が必要です。


有料プランは1ヶ月無料で体験できるので、試しに登録をして楽曲数に満足できなければ解約することもできます。


1ヶ月以内の解約で料金は一切かかりません


パソコンで音楽を再生する場合、ブラウザ再生のみ

他の音楽ストリーミングサービスではパソコンやスマホで楽曲を再生するために専用のアプリケーションをダウンロードする必要があります。


ですが、RecMusicはパソコンのみブラウザ再生となっています。



なので、パソコンで楽曲を再生する場合、ブラウザを常に表示させておく必要があります。


個人的にはブラウザ再生よりもアプリケーションで再生するほうが好きなので、デメリットとして紹介しました。



アプリケーションをダウンロードする分の容量を節約できるメリットはあるんですけどね。


スマホ版の専用アプリケーションは下記からダウンロードできます。


RecMusic - 音楽聴き放題/MV見放題アプリ

RecMusic - 音楽聴き放題/MV見放題アプリ

RecoChoku Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ


RecMusicのメリット

デメリットを紹介しましたので、ここからRecMusicのメリットを紹介していきます。

RecMusicのメリット

  1. 全曲歌詞付き
  2. ミュージックビデオも見放題
  3. CDやレコチョクで購入した曲も一緒に聴ける

それぞれ解説していきます。

全曲歌詞付き

RecMusicで聴ける楽曲すべてに歌詞が付いています。


他の音楽ストリーミングサービスでは一部の楽曲のみの場合もあるので、ここはRecMusicを利用する大きなメリットだと思います。



テンポが早い曲だったり、ところどころ歌詞が英語になっている曲を聴くときに歌詞があると助かりますよね。

ミュージックビデオも見放題

RecMusicは楽曲の再生だけじゃなく、アーティストのミュージックビデオも見放題です。


Recmusic_MV見放題の画像


ミュージックビデオが見放題の音楽ストリーミングサービスはまだ少ないので、RecMusicはミュージックビデオが見放題になる数少ない音楽配信サービスです。


ただし、RecMusicで配信している楽曲すべてのミュージックビデオが視聴できるわけではありません。

楽曲は配信しているけれど、ミュージックビデオは配信していないことがあります。

CDやレコチョクで購入した曲も一緒に聴ける

音楽ストリーミングサービスを利用していて自分が既に持っている曲も一緒に聴きたいと思ったことありませんか?


たとえば、米津玄師はまだ音楽ストリーミングサービスで特定の楽曲しか配信がされていません。



なので、音楽ストリーミングサービスで米津玄師のすべての楽曲を聴くことができません。


ですが、もし米津玄師のCDやレコチョクなどで購入したmp3の楽曲データがある場合、RecMusicで配信中の楽曲と一緒に再生することができます。



やり方は簡単で、既に持っているCDや楽曲データをパソコンからスマホに取り込むだけです。


取り込みが終わるとRecMusicで配信中の楽曲とあわせて自分だけのオリジナルプレイリストを作ることができます。

というか、米津玄師はいつストリーミング配信が解禁されるんだろう?

知らんがな。

RecMusicは1ヶ月無料のお試し期間あり

RecMusicの有料プランは1ヶ月無料で体験することができます。


お試し期間で使える機能も実際の有料プランと同じです。



実際に利用してみることが一番伝わると思うので、気になる方は1ヶ月無料体験を試してみはいかがでしょう?

1ヶ月以内の解約で料金は一切かかりません


RecMusicの登録方法

最後にRecMusicの有料プランの登録方法を解説します。


まず、レコチョクの公式サイトにアクセスしてください。



次にレコチョクの公式サイトの右上にある『Rec Musicで聴き放題』タブをクリックします。

レコチョクのTOPページ


するとRecMusicのTOPページに飛ぶので、次に『無料でつかってみる』ボタンをクリックします。


RecmusicTOPページの画像


ログインと新規登録ボタンが表示されるので、新規登録のボタンをクリックします。


Recmusic新規登録ボタンの画像


新規メンバー登録で、登録方法が3つ表示されるので自分が好きな方法で登録します。


今回は『メールアドレスを入力して新規登録』を選択しています。


レコチョク_新規メンバー登録画面


必要項目を入力して登録ボタンをクリックします。


レコチョク新規メンバー登録画像_2


利用規約を読んで同意をして、お支払い方法を選択します。


Recmusic_利用規約の画像


Recmusic_お支払い方法の画像


お支払い方法の登録が終わると、RecMusicの有料プランの登録が完了します。


Recmusic_お支払い登録完了の画像

登録はたったこれだけなので、あとはRecMusicで音楽を楽しみましょう♫

まとめ:RecMusicはこんな方におすすめ

今日は音楽ストリーミングサービスのRecMusicについてまとめてみました。


今日の記事をまとめるとRecMusicは下記に当てはまる方におすすめの音楽ストリーミングサービスです。

RecMusicを利用すべき人

  • 邦楽が大好き
  • ミュージックビデオが好き
  • 歌詞を見ながら楽曲を楽しみたい
  • CDなど手持ちの楽曲とRecMusicで配信中の楽曲をあわせて楽しみたい


音楽ストリーミングサービスも色々ありますが、どのサービスも他に負けない強みがあるところがいいですね。


Rec MusicはJ-POPに力を入れている印象があるので、J-POP好きな方は登録して損はしないはずです。


1ヶ月以内の解約で料金は一切かかりません
  • この記事を書いた人

ゆーたろ

音楽・映画・運動が大好きな30歳です。 Webマーケティングの会社で働きながらマイペースにブログを更新しています。

-音楽ストリーミングサービス

Copyright© Yu-Taro Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.