雑記

【厳選】今すぐ使える!Windowsのショートカットキー21選

ショートカットキーを使うメリット
Windowsで使えるショートカットキーが知りたいな。
できれば、使い方も教えて欲しい。


今日はこういった疑問にお答えしていきます。



WindowsやMacなどのパソコンにはあらかじめショートカットキーが準備されています。


ショートカットキーと聞くと面倒くさそう、マウスを使ったほうが早いと思う方もいるかもしれません。



ですが、ショートカットキーを覚えることは簡単で、慣れてしまえばマウスよりも断然に作業効率を上げることができます。



本記事では、今すぐ使えるショートカットキーを厳選して21個紹介します。



記事を読み終えることで、パソコンの作業効率を上げることができるので、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。


これから紹介するショートカットキーは誰でもすぐに使うことができます!

Windowsのショートカットキー21選

ショートカットキーを使うメリット

さっそく、Windowsで使えるショートカットキーを紹介していきます。



Windowsとは言っていますが、Macで使えるものもあるのでMacユーザーもぜひ使ってみてください

コピー

Windows:Ctrl+C(Mac:command+C)


コピーしたい対象を選択して、Ctrl+Cで対象をコピーすることができます。


コピーした対象を貼り付けるショートカットキーはこれから紹介します。

切り取り

Ctrl+X(Mac:command+X)


Ctrl+Xで選択した対象を切り取ることができます。


コピーと同じく切り取った対象を貼り付けるショートカットキーはこれから紹介します。

貼り付け

Ctrl+V(Mac:command+V)


コピーや切り取りで選択した対象をCtrl+Vで貼り付けることができます。


貼り付けなので、コピーや切り取りで先に対象を選択しておく必要があります。

元に戻す

Ctrl+Z(Mac:command+Z)


文章などで、間違って削除しなくてもいいものを削除してしまった場合、Ctrl+Zで元に戻すことができます。


エクセルなどでは図やグラフを削除してしまった場合も元に戻せます。

元に戻したものをさらに戻す

Ctrl+Y(Mac:command+Y)


元に戻すショートカットキーを使ったけれど、やっぱり元の状態に戻したい。


そういうときはCtrl+Yで、さらに元の状態に戻すことができます。

検索

Ctrl+F(Mac:command+F)


ブログ記事などを読んでいて、特定の言葉だけを探したいとき、Ctrl+Fで検索することができます。


右上に検索窓が表示されるので、あとは検索したい単語を入力してEnterを押すだけで検索した単語をすぐに見つけられます。

ブックマーク

Ctrl+D(Mac:command+D)


お気に入りのサイトを見つけたときに、Ctrl+Dでブックマークすることができます。


わざわざマウスでブックマークする必要がなくなるので、知っておいて損はありませんよ。

新規タブ

Ctrl+T(Mac:command+T)


Google chromeなどのブラウザを使っていて、新規でタブを開きたいときに、Ctrl+Tで新規タブを開くことができます。


サイトを見ているときにふと何か検索したいと思ったときはこのショートカットキーを使って、検索しましょう。

タブを閉じる

Ctrl+W(Mac:command+W)


ブラウザやメモ帳、Excelなどを開いているときに、Ctrl+Wでタブやファイルを閉じることができます。


わざわざ閉じるボタンを押す必要がなくなるので、時間が短縮できますよ。

更新

Ctrl+R(Mac:command+R)


Ctrl+Rでページを更新できます。


もし、覚えにくと思う方はキーボードのF5でも更新ができるので、ぜひ活用してください。

印刷

Ctrl+P(Mac:command+P)


Ctrl+Pですぐに印刷のページを開くことができます。


印刷ってどこのページを開くんだっけと悩んだときはこのショートカットキーを活用してください。

全て選択

Ctrl+A(Mac:command+A)


Ctrl+Aでサイトなどの文章や画像をすべて選択することができます。



ExcelやWordなどでもこのショートカットキーが使えるので、文字や画像をまるごとコピーしたいときなどにこのショートカットキーが役に立ちます。

新規ウインドウ

Ctrl+N(Mac:command+N)


Ctrl+Nで新規ウインドウを開くことができます。


2つのウインドウを開いて別々の作業をしたいときにこのショートカットを活用してください。

ウインドウの切り替え

Alt+Tab(Mac:command+Tab)


ウインドウを複数開いて作業しているとき、Alt+Tabでウインドウを一瞬で切り替えることができます。


ちなみに、Alt+Tabを長押しすることで、ウインドウの一覧が表示されます。

ウインドウの最大化

Windowsボタン+上矢印(Macは不可)


Windowsボタンとキーボードの上矢印で、ウインドウの全画面表示ができます。


一瞬で画面を大きくできるので、画面が小さくて見づらいときなどに活用しましょう。

ウインドウの最小化

Windowsボタン+下矢印(Macは不可)


Windowsボタンとキーボードの下矢印で、ウインドウを小さくすることができます。


ウインドウを小さくして何か作業をしたときはこのショートカットキーを活用してください。


ウインドウを右に寄せる

Windowsボタン+右矢印(Macは不可)


Windowsボタンとキーボードの右矢印で、ウインドウを画面の右側に寄せることができます。


画面の右半分にウインドウを寄せることができるので、残った画面の左半分で別の作業ができます。

ウインドウを左に寄せる

Windowsボタン+左矢印(Macは不可)


Windowsボタンとキーボードの左矢印で、ウインドウを画面の左側に寄せることができます。


画面の左半分にウインドウを寄せることができるので、残った画面右半分で別の作業ができます。


削除(ゴミ箱に残らない)

Shift+Delete


今後、使う予定のないファイルはShift+Deleteで完全に削除することができます。


ゴミ箱に入れてあとで削除するという手間がなくなるので、なかなか便利です。


ただし、完全に削除されてしまうので、削除前に本当に必要がないのか考えてから削除しましょう。

1つ前のページに戻る

Alt+左矢印(Mac:command+左矢印)


Webサイトを見ていて1つ前のページに戻りたいとき、Alt+左矢印で元のページに戻ることができます。


マウスに戻るボタンが付いていないときはこのショートカットキーを使うのがおすすめですよ。

1つ後のページに戻る

Alt+右矢印(Mac:command+右矢印)


Webサイトで1つ前のページに戻ったときに、Alt+右矢印で元のページに戻ることができます。


1つ前のページに戻るショートカットキーと組み合わせることでページを見比べることができるので、ぜひ活用してください。

ショートカットキーを使うメリット

ショートカットキーを使うメリット

ショートカットキーを使うメリットは作業効率が圧倒的に良くなることです。



なぜなら、マウスなどを使うよりもショートカットキーを使うことで普段の作業を数秒早く終わらせることができるからです。


たった数秒ならそんなに変わらなくない?

そのたった数秒で違いが出るのよ。


たしかに、1つの作業が数秒早くなったからと言って、効率が良くなったとは言えないかもしれません。



ですが、その作業が積み重なったときに必ずショートカットキーを使っているかいないかで差が開いていきます。



実際に仕事が早い人はみんなショートカットキーを使っていますし、僕もショートカットキーを使うことで仕事の効率をUPさせることができました。



正直、ショートカットキーを使わない理由はないので、ぜひ一度騙されたと思って使ってみてください。

まとめ:ショートカットキーで作業を効率化しよう

まとめ:ショートカットキーで作業を効率化しよう

今日はWindowsで使えるショートカットキーを紹介しました。



最後に今日紹介したショートカットキーをまとめると下記の通りになります。


Windowsのショートカットキーまとめ


  • コピー(Ctrl+C)
  • 切り取り(Ctrl+X)
  • 貼り付け(Ctrl+V)
  • 元に戻す(Ctrl+Z)
  • 元に戻したものをさらに戻す(Ctrl+Y)
  • 検索(Ctrl+F)
  • ブックマーク(Ctrl+D)
  • 新規タブ(Ctrl+T)
  • タブを閉じる(Ctrl+W)
  • 更新(Ctrl+R)
  • 印刷(Ctrl+P)
  • 全て選択(Ctrl+A)
  • 新規ウインドウ(Ctrl+T)
  • ウインドウの切り替え(Alt+Tab)
  • ウインドウの最大化(Windowsボタン+上矢印)
  • ウインドウの最小化(Windowsボタン+下矢印)
  • ウインドウを右に寄せる(Windowsボタン+右矢印)
  • ウインドウを左に寄せる(Windowsボタン+左矢印)
  • 削除(ゴミ箱に残らない)(Shift+Delete)
  • 1つ前のページに戻る(Alt+左矢印)
  • 1つ後のページに戻る(Alt+右矢印)


ショートカットキーは慣れるまでは使いにくいと感じるかもしれません。



ですが、一度覚えてしまえばパソコン作業が楽になるので、ぜひこれから積極的にショートカットキーを使ってみてください。



ショートカットキーでパソコン作業を効率化しましょう!
  • この記事を書いた人

ゆーたろ

音楽・映画・運動が大好きな30歳です。 Webマーケティングの会社で働きながらマイペースにブログを更新しています。

-雑記

Copyright© Yu-Taro Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.